島田智明さん追っかけレポート!

2016年7月10日(日) 4年間の努力が実を結んだ
7月10日
 真夜中の12時を回って、やっと選挙結果の公表。挑戦者島田智明氏28,539票に対して、現職芝田啓治氏21,397票。4年前の選挙では、6割以上の市民が「島田さんに票を入れる。」と言って下さったが、選挙に行って下さったのはその一部。今回の選挙では、8割以上の市民が、「島田さんに票を入れる。」と言って下さったので、サポーターは当選を確信していた。でも、蓋を開けてみるまで分からないのが選挙。
 サポーターをここまで熱くしたのは、正義感。だから、我々はどうしても勝たなければならなかった。これから河内長野が変わる。大阪、そして、日本も変わる。つまり、これがゴールではなく、スタートなのだ。さあ、改革の長い道程が始まった。大事なのはこれからだ!!!

2012年7月9日(月) 新しい風が吹いた
7月9日
 愛しむべき故郷、河内長野に、新しい風が吹いた。確かに清新な風を吹き込んだと、今朝、交差点で気丈に挨拶する島田智明さんの姿を見て確信した。島田さんのサポーターであることをとても嬉しく、そして、誇りに思う。島田さん、これからも一緒にがんばろうよ。島田さんと私たちのチャレンジは、始まったばかりだ。我々の「新しいまちづくり」への思いは、何が起ころうと永遠に色あせることはない!!!

2012年6月27日(水) 若者の率直な印象
 僕は、今、ここ最近の出来事の中で、一番興奮を覚えています。この高ぶった気持ちのまま、思っていることを綴ります。
島田智明27日 島田智明27日
 ステキな人を紹介するからと叔母に誘われ、今日、初めて島田智明さんにお会いしました。神戸大学の准教授と聞いていたので、気難しい紳士を想像して緊張していたのですが、お会いしてびっくり、想像とは全然違う若い先生で、とても気さくに話しかけて下さいました。外見だけでも叔母の「ステキな人」という言葉に納得しましたが、直接話してみて「ステキな人」の本当の意味が分かりました。
島田智明27日 島田智明27日
 島田さんは生まれ故郷の「河内長野」について、文化財のこと、環境保護のこと、そして、新しいまちづくりのことなど、熱く語って下さいました。目の前に広がる河内長野の風景を眺めながら、島田さんの真摯な思いが心に伝わってきました。
島田智明27日 島田智明27日
島田智明27日 島田智明27日
 そして、僕は、今日、言葉で表現できないくらい感動しました。島田さんの熱弁を聞いていて、不思議なことに、僕自身のモチベーションが高まってきたのです。きっと島田さんと直接会った人は、僕と同じような気持ちになると思います。大学を卒業したばかりの僕はまだ自分探しの真っ只中ですが、僕も島田さんのように、熱い志を持った社会人になりたいと思います。よし、僕もがんばるぞ!
 最後に、これは叔母へのプレゼントに撮った島田さんの仕事中の写真です。叔母が、他の人にもシェアしてあげてと言っていますので、皆様どうぞ。
島田智明27日
(島田さんと初めて会った若者からの素直な感想を転載しました。でも、読みやすくするために、少し日本語を編集しました。☺)

2012年6月26日(火) お天道様はちゃんと見ている!?
島田智明朝
 朝6時,既に通勤客がせわしく行き交う河内長野駅。始発から駅前に立ち、市民一人一人に挨拶する島田智明さんの「おはようございます。行ってらっしゃいませ。」が聞こえてきます。
島田智明夜 島田智明夜
 そして、日が暮れた夜。三日月が夜空に輝く頃になっても、島田さんの「こんばんは。今日も一日お疲れ様です。」が聞こえてきます。本来、悪事に使う言い回しですが、善事にも使わせて下さい。お天道様は、昨日も今日も、夜明けから日没まで、島田さんの活動をしっかり見ておりましたよ。

2012年6月24日(日) 旧高野街道を歩く島田さんの思い
高野街道 高野街道
 午後4時、河内長野駅を出発し、三日市町駅を目指して旧高野街道を歩く島田智明さん。西暦816年の高野山開創以来、多くの人が様々な思いを抱き、旧高野街道を歩いて高野山へ詣でたことでしょう。ときは流れ、今、河内長野を変えたいと一途に思う若人が直向きに歩いています。旧高野街道を歩く島田さんの思いが市民の皆様に伝わりますように!
 ちなみに島田さんの実家は、西高野街道と中高野街道が交わり、以前、與通(よつ)と呼ばれていた地域にあるそうで、茱萸木から石坂に至るまでの西高野街道を熟知していても、こちらの方の旧高野街道までは、あまり歩く機会がなかったそうです。でも、昔から道はつながっているのです。しかも、こちらの方が高野山寄りです。

2012年6月23日(土) 待ちに待った事務所開き
島田さん 島田智明
 今日は待ちに待った事務所開きで多くの人が集まりました。場所は、河内長野で最も有名な交差点「七つ辻」から、国道310号線を千代田方面に向かって3分ぐらい歩いたところ。なぜ、多くの市民がここに集まるのか、改めて考えてみました。呼ばれたから? それは違います。今日、ここに集まった人々の多くが、「島田智明さんは本気で変える気やぞ!」と感じ、「島田さんと一緒に変えよう!」と思ったからです。閉塞感がみなぎっているまち、なぜこうなってしまったのかを嘆くよりも、これからの明るい未来について皆で夢を語ろうではないか!!!

2012年6月22日(金) 思いがあれば変えられる
三日市
 時刻は夜7時半、場所は三日市町駅前の商業施設へとつながる高架の上。昨日が夏至でしたので、これから少しずつ夜が早まります。でも、島田智明さんはそんなことに気付いていないでしょう。こんな時間でも休むことなく夢中で活動しています。電車がホームに止まると、一斉に多くの人々が改札から流れ出てきます。一日の仕事を終え、足早に家路を急ぐ人々。島田さんは、その一人一人に頭を下げています。何人かの人が興味津々に足を止め、ひたむきに頑張る若人に優しいまなざしを向けていました。今は小さな風かもしれませんが、その小さな風を集めて嵐を起こす!!! 「思いがあれば変えられる! 」私たちサポーターはその言葉を胸に抱いてがんばります。

2012年6月21日(木) 太陽のような笑顔
 あいにくの天気で、空に太陽は見えませんが、地上で太陽のような笑顔を振りまき、元気に朝の挨拶をしている島田智明さん。場所は美加の台駅。高級住宅街が広がる丘を背に、知性あふれる笑顔が素敵です。通勤・通学の皆様だけでなく、私たちサポーターも、朝から島田さんの笑顔に癒されました。なんか平和だなあ・・・。嵐の前の静けさなのだろうか!?

2012年6月20日(水) 河内長野の中心で、郷土愛を叫ぶ
 朝、河内長野で最も人が集まるところと言えば、南海高野線と近鉄長野線が交わる河内長野駅。近くには、一昔前、大勢の人で賑わっていた駅前商店街。誰がなんと言おうと、河内長野の中心はここ「長野」です。島田智明さんは、小さい頃、千代田台を遊び場の拠点にしていたそうですが、長野まで自転車で遠征に来ることもあったそうです。島田さんは、朝5時から、その中心に立って元気に挨拶しています。映画「世界の中心で、愛を叫ぶ」ではありませんが、河内長野の中心で、郷土愛を叫ぶ!!!

2012年6月19日(火) 台風の目!?
 台風4号が迫っているからだと思いますが、ゴジラが今にも出てきそうな不気味で不穏な空。雨もパラパラと地面を叩きつけています。こんな日にまさか・・・と思っていたら、今朝も「おはようございます。」と道行く人に挨拶する島田智明さんを発見! 場所は滝谷駅です。 「市民の皆さんとともに、新しいまちづくりに挑戦します!」 台風を吹き飛ばしてしまうかのような元気な若人の声です。ひょっとして、島田さんは台風を制御できるのかな? 実は、この人が台風の目なのでは!?

2012年6月18日(月) 早起きは三文の徳!?
 雨がしとしと降る朝。ここ三日市町駅の始発電車は5時13分。この電車が、河内長野市で最も朝早くに発車する電車と思っている人が多いのではないでしょうか。実は違うのです。千代田駅5時6分発という電車があるのです。三日市町駅5時13分発の電車は、河内長野駅でも始発ですが、千代田駅では始発から二番目ということになります。ほとんどの市民にとってどうでもいいことかもしれませんが、始発に合わせて駅に立つ島田智明さんにとってはとても重要なことなのです。そして、それにつき合わさせられる周りの人間にとっても大事なことなのです。島田さんは酉年だから朝が強いかもしれませんが、みんな朝が強いというわけではありません。ご配慮を・・・。島田さんは、そんなことお構いなしのようで、今日も早朝から元気に挨拶していました。

2012年6月17日(日) 経営学の地方自治体への適用
 今日は日曜日。でも、島田智明さんにとっては安息日でありません。島田さんは、朝から朝市広場で挨拶しています。場所は、貴望ヶ丘の交差点から市役所に少し向かったところ。かつて毎月3日に市が開かれたので三日市という名前がついたそうですが、ここでは毎月第3日曜日に市が開かれています。この辺り、島田さんが子供の頃は、一面田んぼだったそうで、近くの小川にはホタルまでいたなんて、とても驚きです。今は、開発されてその面影すらありませんが、朝からこんなに人が集まるなんて、産業活性化の兆しを感じました。島田さんが主張する「経営学は企業だけのものではありません、地方自治体にも適用できます」という考えを使って、是非、河内長野の産業を活性化させてください!

2012年6月15日(金) 故郷を守る
 島田智明さんが現れるとの情報を聞きつけ、私たちサポーターも眠い眼をこすりながら、駆けつけました。朝の5時。明けたばかりの朝が清々しい。「あっ、いました。」 島田智明さんは、すでに千代田駅前に立っていました。朝早いというのに、元気で爽やか。声も伸びやか。そして、若さいっぱい。若人が故郷を守る、その思いがひしひしと伝わってきました。千代田駅は、島田さんが中学・高校と6年間通い続けた駅。二階改札がなかった頃の千代田駅をよく覚えているそうです。青春の思い出でも詰まっているのかな?

2012年3月27日(火) 社会イノベーションを起こす
ワークショップ
 3月25日、島田智明さんが企画し、そして、司会を務める「社会イノベーション」ワークショップに参加してきました。130名もの人々が熱心に聞き入り、神戸大学の大教室は熱気に溢れていました。パネルディスカッションには、テレビでよく見かける梅澤高明さん、町亞聖さん、そして、湯﨑英彦広島県知事も登壇。よし、社会イノベーションで日本の社会を変えるぞ!

2012年1月15日(日) 次世代が希望の持てる社会へ
神戸新聞
 お正月が終われば、受験生にとって、人生を決めると言っても過言ではない入試シーズンに突入。そう、昨日からセンター試験。神戸大学も試験会場に。やややっ、神戸新聞に試験監督をしている島田智明さん、発見! 二回りも年齢が違いますが、この子たち「次世代」が希望の持てる社会を絶対つくりましょうね!




HOME島田智明さんってこんな人島田智明さんの決意と挑戦サポーターからの応援メッセージ島田智明さんの応援に行こう島田智明さんの関連リンク島田智明さん追っかけレポート!